思いつくまま気の向くまま、徒然日記。
by hana_116
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

芸者

今年に入って初の映画「Memoirs Of A Geisha」(邦題:SAYURI)を観に行きました。 
上映時間2時間半弱と少々長めでしたけど楽しめました♪

日本を題材に扱ったハリウッド映画、ってことで興味があったのですが、やはり一番の目的は・・

渡辺 謙 様☆

ラストサムライ以降、この方の渋さと魅力の虜になってしまいました。 この「ラスト・・・」はアメリカで2回、日本で1回、そしてDVDを購入という嵌りよう(笑)。 謙様、完全に主役のトム・クルーズを食っておりました。

そんな訳で、「Memoirs・・・・・」を鑑賞してきたのです。 ストーリー自体は、すごい!という程でもなかったかも。 だって、「え!?そうだったの!?!?!」 という終わり方だし。  

まずは良かった点・・・・

*その当時の時代をよく表していた
*映像がとても綺麗
*着物が美しい!!
*ヒロインの子供時代を演じた子役の子がいい味を出している
*主要人物を演じる役者達が日本人ではないにも関わらず、日舞や所作を頑張っていた
*日本人俳優たちも奮闘していた

ちょっとなぁ・・・な点

*子供時代が長い
*主要芸者達が日本人ではない。 (やっぱり日本のお話なので、日本人俳優にやって欲しかったなぁ。 何かの雑誌で日本人女優で英語力などくリアできる人材がいなかった、と書いてあった。)
*謙様の出番が少なかった(笑) (←結局はそこかい?)


総合的には◎デス。 
謙様はじめ日本人俳優さんたち、英語での芝居ながら頑張ってましたから。 なかでも工藤夕貴はさすがだなぁ~て、思いました。 彼女の英語が一番上手で聞き易かった。

でもね、やっぱりハリウッド映画なんですね。 同じものを日本人監督で撮ると、”邦画”になってしまうんだろうな。 (それはそれで見てみたい気もしますが・・・) 素人なので詳しくはわからないけど、なんというか壮大感が違うんですよね。 ああいう雰囲気はハリウッド映画独特なのかもしれません。 皆さんもぜひご覧あれ。^^

 
[PR]
by hana_116 | 2006-01-13 02:25 | NY生活