思いつくまま気の向くまま、徒然日記。
by hana_116
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

扉が開かない。

このところ暗~い内容が続いたので、ここらでちょいと別の話題を・・・。

つい先日の話。

朝、いつも通り出勤の為、地下鉄に乗っていました。 その日は特に遅れもなくスムースに進んでいるかに見えましたが、またやってくれましたMTA(NYの地下鉄やバスの機関の名前)。

電車が駅に到着しました。 その駅を利用する乗客はいそいそと座席を立ち降りるためにドアの前に立ってスタンバイしてます。 が! ドアが開かない!!! でも車内では「○○駅~。 ○ラインの乗り換えが出来ます。」と流れているけど、やっぱりドアが開かない。(笑) そして次に流れたアナウンスは・・・弾んだ声で「Stand Clear Of The Closing Door ~扉にご注意ください。」と。いや、扉も何もまだ開いてないですからっ!!!! どうやら車掌さんは扉を開けてないことに気付いていない?! それとも新人さんで緊張しすぎて扉を開けたものと勘違いしたのか?! 降りるはずの乗客を降ろさないまま、次の駅に向けて進もうとする。 乗客もビックリ・・・と言うよりは、「おいおいまたかよ~。しっかりしてくれよ~。」と言わんばかりに、肩をすくめてました。 みんなこんなことには慣れっこなんですね。 このまま出発しちゃうのか?と思ってたら、見かねたかどうかはわかりませんが、運転手さんが「まだ扉を開けてないぞ!先に扉を開けろ!!」と車掌さんにアナウンスしてました。 

NYの地下鉄はこんなのまだ序の口ですがね。 結構いろんなことが起こります。 例えば:

*** 夏では車内はクーラーが効いてますが、その為か雨漏りクーラーの水が天井から滴り落ちてくる。(駅構内はクーラーがないから蒸し風呂みたいに厚い。 一部クーラーが壊れている車両もある。 車両から車両へ移れない電車もあるので、そのクーラーが効かない車両に乗ってしまうと大変。 サウナみたい。)
*** 信号プロブレムなどでよく電車が止まる。 もしくはノロノロ運転。 しかも駅で、ではなくて駅と駅の間で。
*** 扉の調子が悪くなって止まる。
*** 恐ろしく揺れる線もある。 カーブをものすごい勢いで曲がる。 (シートが布ではなくプラスティックのようなツルッとしたものなので、座席から転げ落ちそうになったり、すべり落ちそうになる。)
*** 停車するはずの駅なのに、止まらないときがごくたまにある。
*** いきなり急行に変わる。
*** 遅れは日常茶飯事。
*** そもそも時刻表がない。 (一応オンライン上で時刻表?を見ることは出きるけど、駅構内には貼っていないし、配られてもいない。 まずその時間どおりに走っているかも謎。)
*** 車内が汚い。
*** 車内アナウンスが聞こえにくい。 たまにアナウンスすらない。

日本に帰る度に、日本の設備の整った電車に感動しきり。 時間通りに来て、時間通りにでるし。 NYの地下鉄、もうちょっとなんとかならないかなぁー。

明るい話題にするはずが、気付けばまたネガティブな話になってる!(笑)^^; 
[PR]
by hana_116 | 2006-01-26 04:57 | NY生活