思いつくまま気の向くまま、徒然日記。
by hana_116
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

母がニューヨークにやって来た。

うっうっ・・・・、せっかくアップしたのにぜ~んぶ消えてしまいました。(涙) 

が、気を取り直して・・・・、はい。

タイトル通り、母がニューヨークに上陸しました! お友達を連れて。 哀れ、父は休みが合わずにおいてきぼりです。

2人を迎えにJFK空港まで行きました。 飛行機が着陸し、もうそろそろ出てくるかな、と到着ゲートで待ち構えていましたが、いっこうに出てくる気配はなし。 私と同じようにお迎えに来ている人たちが、「ひさしぶり~」と再会を喜び空港を後にして行くのに、やっぱり2人は出て来ません。 その内、私のいらいらと心配は最高潮に・・・。 『も、もしや、飛行機をミスったとか?! 入国審査で怪しまれて違う部屋に連れて行かれたとか?!』、と、英語が全く話せない2人だけに、私の妄想(?)心配(?)は膨らむばかり。 『いや、まて、怪しむにはあまりに怪しみ甲斐のない2人だし・・・・』と思い直し、ひたすら待つことに。 そうこうしていると、飛行機到着から実に1時間15分後くらいに、人の心配をよそに、満面の笑みで手を振って2人が出てきました。(笑) なぜこんなに時間がかかったのかを尋ねてみると、「混んでいた」、と。 

あ、そう。。。。 心配して損したよ・・・・・。


2週間弱ほどの滞在で、ショッピング・グルメ・観光・ミュージカル・野球・etc、と寝る間も惜しんでいろんな場所に出かけました。  その間私も仕事も休みを取りましたが、休みを満喫する暇もなく(泣)、通訳からガイドまでテンポラリーの”ガイド”と化しておりました。

今回のニューヨーク滞在中、歩きまくりましたヨ。 歩いたトータルの距離はかなりのもんじゃないでしょうか。 大阪から東京までいったりして。(笑) なわけないか・・・。

いや、でもですね。 一緒に来たお友達。 私も小さい頃からよく知っている人なんですけど、なんとお歳は70歳!! 現役の美容師さんです。 仕事柄、毎日立ち仕事だから、足腰がめちゃくちゃ丈夫です。 私と母が、「疲れた~、足痛い~」とねをあげてる横で、まだまだ平気とぐんぐん歩いていく程。 とてもじゃないけど、70歳とは思えません。  何十年後、私もおばあちゃんになった時、彼女のように元気でいたいもんです。 

ハードスケジュールで色んな場所に連れまわしたので、2人はとても疲れたことでしょう。  正直私も2人を空港で見送った後、脱力でしたわ。。。 だけど、ニューヨークを楽しんでもらたなら本望です。 私自身は、久しぶりに母親にも会えたし、くたくたになったけど、濃くも楽しい時間となりました♪


ニューヨークらしい写真を載っけてみます。 エンパイアステートビルディングです。

f0016771_12133100.jpg

[PR]
by hana_116 | 2006-05-24 12:18 | NY生活

Champions On Ice 2006 Tour

久々の更新デス。

元来、怠けモノでマメとは言いがたいこの性格が災いしてか、近頃ブログ更新の期間がどんどん開いて行っているような・・・・、ってか明らかに開いて行ってますね。(^^;)  いや、でも日記なんて3日以上続いたことはなかったので、このブログが何ヶ月も続いている事自体が奇跡かも?! きっと読んでくださる皆さんがいるから、続けられるんだろうなぁ。  





さてさて、先日、地下鉄とバスを乗り継ぎ、お隣のニュージャージーまでアイススケートショーを観に行きました。 アイスショーを観るのは生まれて初めてで、あんな氷の上でクルクルとよく回れるもんだなぁ、と感心・感激しきりでした。


f0016771_1283262.jpg出演者も豪華で、ミッシェル・クワン、ついこの間のオリンピックの銀メダル選手:サーシャ・コーエン、イリナ・スルツカヤ、などなどメダリスト達ばかり。 テレビで観る程度くらいしか興味がなかったアイススケートですが、出演者リストを見て行くことを決めました! 開催日間近でチケットを購入したので、上の方の席でした。 席から落っこちそうになりながらも、身を乗り出して観賞しました。 写真は携帯でとったので、画像がイマイチ。。。


いやぁ~、行って正解でした。 そして、さすが皆さんメダリストですねー。 上手なのはもちろんですが、存在感というかオーラというか、演技上でもこちらに訴えてくるものが素晴らしい。 圧巻でした。

中でもミッシェル・クワンは根強い人気でした。 大方の人は彼女を観る為に来たんじゃないか?ってくらい、彼女の登場の時は拍手がひときわ大きかったんです。 彼女のスケートは優雅で上品で、うっとり、でした。 ただ、残念なことに怪我をしてるか、本調子ではないのか、わかりませんが、彼女のジャンプを観ることができませんでした。 


余韻に浸りながら、半ば自分が優雅に滑っている妄想もしながらルンルン気分で家路に着きました♪(笑)
[PR]
by hana_116 | 2006-05-04 01:30 | NY生活